ハワイ基本情報

ハワイの通貨・両替

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハワイの通貨・両替

ハワイの通貨について

ハワイの通貨はUSドルです。

通貨のドルに補助通貨単位はセントとなっています。

1ドルが100セントです。

ドルの記号は$、セントの記号は¢となっています。

USドルの紙幣は全部で6種類、1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルです。

コインは4種類で、25セント、10セント、5セント、1セントです。

コインにはそれぞれ別の呼び方があって、25セントはクォーター、10セントはダイム、5セントはニッケル、1セントはペニーと呼ばれることもあります。

特に、クォーターはよく使用されるので覚えておくと便利です。

ハワイの両替について

両替、特に日本国内での両替となると紙幣から紙幣への両替がほとんどでしょう。

その際に、50ドルや100ドルといった紙幣が混ざっていることがよくあります。

両替の金額が大きいほどこれらの高額紙幣で両替されることになります。

ですが、現地ではこれらの高額紙幣は支払いの際に嫌がられる傾向があります。

なぜかというと、USドルの高額紙幣の偽札が世界中に出回っていると言われているからです。

アメリカはカード社会なのでこれだけの金額の紙幣を持ち歩く人自体少ないです。

郷に入れば郷に従えではないですが、できるだけ高額の現金を現地で持ち歩かないように、上手くクレジットカードを使用することも必要です。

日本での両替がオススメ

もし日本円からUSドルに両替をするのならあらかじめ日本で済ませておくのがベストです。

なぜなら、USドルはハワイで両替をするよりも日本で両替をするほうが断然レートがいいといわれているからです。

また、両替の金額が高額であればあるほど現地で両替するよりも日本で両替をするほうが安全です。

慣れない現地で高額の日本円を両替しているところを見られてターゲットにされるということもあります。

とにかく海外では多額の現金を持っているという現場を見られないようにすることが犯罪に巻き込まれないために重要なポイントにもなってきます。

現地での両替の注意点

もちろん、レートは悪いですが、現地で日本円を両替することも可能です。

ハワイでは銀行や両替商、ホテルのフロントなどで両替が可能です。

銀行は営業時間が短いですし、空港の両替商は町の両替商よりもレートが悪いです。

ですから、現地で両替をするのなら町の両替商を利用するのがいいでしょう。

とはいうものの、両替商でもそれぞれ独自のレートがあるので何件かを比較してから両替をするのがベストです。

ホテルのフロントは最悪のレートと考えたほうがいいでしょう。

ですが、緊急で現金が必要な際にはホテルの両替を利用するという感覚でいたほうがいいです。

基本的には高額の両替は日本で、足りない分は現地の町の両替商で、というのが賢い両替の仕方ともいえるでしょう。

まとめ

ハワイ旅行へ行く際は通貨と両替についてしっかりと確認しておくようにしましょう。

現地へ行ってから両替するのでは手遅れのため日本にいるうちからハワイでの金銭やり取りを想定しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*