ハワイ基本情報

ハワイの言語・会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハワイの言語・会話

ハワイの言語について

アメリカ合衆国ハワイ州の公用語は2つあります。

一つは、英語、もう一つはハワイ語です。

ハワイ語はハワイ諸島先住民のハワイ人の言語として知られています。

ハワイ語はハワイ州の公用語として指定されているものの、現状としてはあまり使用されていないというのが実情です。

そのため、ハワイ語は消滅の危機にある言語でもあります。

ハワイ諸島ではすでに英語が定着しているため、ハワイ語を母語として話す人の数は激減しています。

そのため、ハワイ語を復興させようと先住民が努力をしているようですが、ハワイ人の多くは英語が第一言語、第二言語としてハワイ語を学んでいるというのが最近の流れです。

ハワイ語は文字を持たない言語であるため、現在学習のために英語のアルファベット表記と独特の発音を示す符号を使って学ばれています。

ハワイではハワイ語のほかに、英語とハワイ語、日本語が混ざったようなピジン語も話されているようです。

ハワイでの会話について

通常、ハワイを旅行するのであれば英語を話すことができれば十分です。

英語が公用語でハワイ先住民であっても最近は英語を話すため、英語さえできればハワイで言語に不自由することはないでしょう。

ハワイでは日本語が通じることも

ハワイと言う場所は、観光地として成り立っているということ、ハワイの人種が欧米人は約30%、その他は日系人、ハワイアン、中国系、フィリピン系、韓国系で占められていることから、アジアの言語が通じる場所もかなり多く存在します。

ハワイのオアフ島、ワイキキ周辺であれば何もわからず日本語で話しかけても片言の日本語などで返事が返ってきたりするということもよくあることです。

ホテルに関して言えば、日本人専用の日本語が通じるスタッフが常駐していたりすることもあります。

観光地としての状況からか、現地では日本語や、中国語、韓国語を語学学校で勉強している地元の人も多いといわれています。

まとめ

以上からもわかるように、ハワイへ旅行するのなら英語を少しでも話せるように準備しておくと不便を感じることはないはずです。

いざと言うときには、日本語を発すると理解してくれるひとが助けてくれる可能性もあります。

とはいうものの、せっかく海外に行くのであればできるだけ現地の人とコミュニケーションをとれるように英語を勉強していくのがベストでしょう。

海外で英語を話すということも貴重な旅行の経験の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*