ハワイ基本情報

ハワイの天気・気候

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハワイの天気・気候

ハワイの天気・気候について

多くの人はハワイを常夏の場として考えているでしょう。

ビーチリゾートと常夏、これがセットになったのがハワイの観光地のイメージです。

ハワイの気候はおおむねイメージどおりです。

ですが、ハワイ州にはいくつかの島があります。

島によっては気候が違いますので注意が必要です。

オアフ島とカウアイ島の天気

常夏、乾季と雨季があるもののそれほど気にならず、年間の平均気温も22度くらいという場所はオアフ島とカウアイ島です。

ただ、カウアイ島の北東部は西南部と比較すると雨量が多いです。

カウアイ島で旅行者が滞在する傾向にある場所は島の中でも雨の少ない地区となっています。

ハワイ島は地区によって気候が異なります。

簡単に分けて説明すると、ハワイ島の東半分は雨が多い地区、多くの旅行者が滞在する西半分は雨が少ない地区です。

ハワイ島にある4000メートル級の高山と貿易風がこのハワイ島の気候を作っているといわれています。

ハワイの雨季と乾季について

ハワイの天気に関しては日本のように1日中土砂降りの雨が降り続けるということはまずありません。

もちろん、ハワイにも雨季と乾季があるのですが、雨季といっても乾季と比較して降雨量が多い程度で、雨季のほうが晴天日が少ないということは決してありません。

オアフ島で言うのなら、雨季と乾季の晴天日を比較してみると乾季とそれほど差のない日数となっています。

雨季で雨が降ると降った後にさっと晴れ渡るということがあるからでしょう。

ハワイの真夏は6月から9月の時期に当たります。

この時期になると気温も30度を超える日が続きます。

ですが、日本とは異なりじめじめとした湿気がないため真夏でもハワイでは快適に過ごすことができます。

ハワイの基本的な服装

基本的にハワイにビーチリゾート目的で訪れるのであれば、服装は夏の服装で十分と言えるでしょう。

ですが、長袖の服も準備していく必要はあります。

常夏といえども、早朝や夜は若干冷えることもあります。

また、要注意なのがショッピングセンターやレストランです。

実はハワイでも例外ではなく、冷房がかなり効いている場所が多く外気の気温と言うよりも、お店の中の冷房対策で長袖などの服を持っていく必要もあります。

まとめ

ハワイは島によってその気候も天気も異なります。

どこに訪れるのかによっても準備するべき服が違ってきます。

ハワイ島の山頂に訪れるのであれば当然防寒具などが必要です。

ですが、オアフ島のリゾート地に滞在するのであればまず、薄手の長袖を持っていくだけで事足りることがほとんどです。

ハワイに訪れる季節というよりは、ハワイのどの島、どの地区に訪れるのかによって持っていく服を選ぶ必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*